毎月のローンの支払いが心配、どのくらいの資金を考えたらいいの?

質問

マイホーム貯金を頑張っています。新築よりも比較的安い中古住宅の購入を考えています。とは言っても何千万もするものですから、毎月のローンの支払いが心配です。だいたいいくらくらいの資金を考えたらいいのでしょうか。

答え

マイホーム購入のために貯蓄を頑張っているとのこと。感心します。「頭金ゼロから購入OK」なんていう不動産広告を見かけることがありますが、実際は頭金なしでフルローンすることはお勧めできません。

いくらなら支払えるのか

できれば、住宅価格の1~2割は用意しておく方がいいでしょう。その上で、毎月どれだけ支払いができるのか考えてみましょう。毎月のローン支払い、マンションでしたら他に管理費や駐車場代などの支払いもありますから、すべての支払いがいくらまで考えてなら大丈夫なのかを検討します。

諸経費も忘れずに

また、購入の際には諸経費が発生します。フラット35の住宅ローンを借りれば団体信用生命保険が任意加入となりますので、その保険料もかかります(他では金利に組み込まれている例が多いです)。火災保険料やローン申し込みの事務手数料が必要なこともあります。それら諸経費に加えて、引越し費用や引っ越しのための家具などの費用も用意しておくといいでしょう。住宅を購入すると固定資産税も毎年かかってきます。さらに、戸建ての場合自分たちで修繕費用も用意していないといけません。

ライフシミュレーションを

また、ローンを返していくうちに家族の暮らしに合わせて必要なお金が出てきます。教育費や医療費、老後資金などが必要になってきます。いつ、いくらくらいのお金がかかるのか、などライフプランをシミュレーションして計画を立ててみましょう。また、ローン返済をきつめに組んでしまうと、給料が下がったときに困ってしまいます。その点も考慮して資金計画を立ててみましょう。

フィード