住宅ローンは、どの金利タイプがいいの?

質問

賃貸を脱却して、やっと持家を手に入れることになりました。これから契約するのですが、住宅ローンの金利のタイプを迷っています。手堅く固定型にするのか、金利の低い変動型にするか。今のところ金利を考えて変動にしようかなと思っています。

答え

住宅ローンにはさまざまな金利のタイプがありますね。どのようなタイプがあるのか簡単に説明しましょう。

固定金利型

まず、固定金利型。これは、最初から最後までずっと同じ金利です。フラット35はこの固定金利型になります。他のタイプに比べて高めの金利になっています。けれど、今後世の中の金利が上昇した場合でも、この固定型は最初のままで変わらないから、ローンの支払いも上がることがありません。支払い額がずっと決まっているので資金計画も立てやすいでしょう。

変動金利型

相談者の方が検討中のが変動金利型ですね。これは、半年ごとに金利を見直してローンの金利が決まります。半年ごとに金利を見直すのですが、返済額が変わるのは5年ごとになります。金利が上昇すれば返済額もアップします。金利が下がればお得な金利タイプでしょう。ただ、数十年の資金計画は立てにくいでしょう。

ミックス型も

固定型と変動型を組み合わせたタイプが、固定金利選択型です。最初の数年間は固定金利で、その後は変動金利となります。このとき、また固定金利を選ぶこともできます。また、上限が設定された金利の範囲で変動するタイプもあります(上限金利設定型)。ほかにも、固定型、変動型、または固定金利期間が異なる固定金利の組み合わせなど、ミックスしタイプもあります。
ご家庭の経済状況によって、選択する金利タイプは違ってくるでしょう。自分たちの資金計画など考えて、自分たちに合う金利タイプを選んでみてください。

フィード