中古住宅を買った後の欠陥が出たときが心配なのですが…

質問

今度、家を買うことになりました。実家近くの中古住宅で、通勤にも便利で地域的には気に入っています。ただ、中古住宅ということで、夫が欠陥があった場合を心配しています。新築でも欠陥住宅があると聞くので、私も心配です。

答え

中古住宅は同じ条件の新築住宅に比べて、ほとんどの場合価格が安くなっています。それが魅力の一つとも言えます。しかし、その分、住宅の欠陥や痛みがあるのではと心配する気持ちもよく分かります。確かに新築住宅に比べて多いでしょう。

既存住宅保証制度

そのような心配のために、引き渡し後最長5年間欠陥の保証をしてくれるのが「既存住宅保証制度」です。築15年以内の中古一戸建て住宅で、新築の際に公的な現場検査を受けている物件が対象となります。床面積の半分以上を増改築している物件は、この制度を利用することはできません。この制度では、購入した後に雨漏りや床の傾きがあった場合に、補修費用の大部分を支払ってもらえます。利用するには、申請料32550円と住宅検査が必要です。

売主にもメリットが

また、この制度は買主だけでなく売主にも利点がある制度です。購入後、瑕疵担保責任制度期間に隠れた欠陥が見つかった場合、売主が補償しなければなりませんが、この既存住宅保証制度を利用すれば、補修負担も軽く修理できます。また、この制度の住宅検査を受けていることで、安心感が増しますから物件の価格も上げて売ることも可能です。
補修に必要な費用から10万円引いたものに、95%をかけた額が保証額となります。ただし、売主が宅地建物取引業者の場合は、80%かけた額です。構造上の主要部分と雨漏れなどの防水部分の欠陥が保証対象となります。それ以外の設備の欠陥は対象とはなりませんから、その点は注意してください。

フィード