もしも欠陥があったら?

質問

マイホームを購入予定です。せっかく買うのですから、終の棲家にしたいと思い、いろいろな物件を見て探しています。新築や中古などいろいろな物件を見ていますが、一番気になるのが欠陥があるかどうかです。購入後に見つかることもありますか?

答え

マイホームは一生に一度か二度あるかないかというくらい高額な買い物です。そのせっかく買った家にもしも欠陥があったら……。心配する気持ちはよく分かります。住宅を衝動買いする人は滅多にいなくて、欠陥がないかどうかも含めて何度も物件をチェックしていることでしょう。それでもチェックしきれず、購入後に分る欠陥もあるのも事実です。

瑕疵担保責任

たとえば雨漏りなど、住んでみて分ることもあります。普通は備わっているはずのものが、欠陥がある状態を「瑕疵(かし)」と言います。契約するときに分らなかった隠れた瑕疵があった場合の制度として「瑕疵担保責任」というのがあります。これは、重要事項説明書に記載しておかないといけない項目ですので、これが載っているかどうか必ず確認しましょう。
法律では、この瑕疵を知ってから1年以内でしたら、買主は売主に対して損害賠償請求ができます。契約後すぐに瑕疵が分った場合には、それが修復不可能であるならば契約解除をすることもできます。その瑕疵を売主が知らなかったとしても同じことです。

中古住宅の場合、免除のケースも

新築住宅の場合には、住宅の品質確保促進などの法律により、引き渡し後10年以内であれば、瑕疵担保責任を取ってもらえます。ただし、中古住宅の場合は、築年数も経っていますので、ある程度は傷んでますから、瑕疵担保責任は1年間と短くなっていたり、売買契約書で免除されていることもあるようです。契約するときには、この期間についても確認するようにしてください。

フィード